認定医制度について

日本包括歯科臨床学会認定医、認定技工士について

本学会は2018年より「認定医、認定技工士資格制度」を発足させました。包括的な視点を常に持ち、炎症(Inflammation)と力(force)から起こる顎口腔系への病態に対して、臨床的に深い知識と経験を有する歯科医師、歯科技工士の輩出を目的としています。

日本包括歯科臨床学会認定医制度規程

(目的)
第1条
本制度は、包括的な視点を持ち、広い学識と高度な技術を有する歯科医師の養成を図り、歯科医学の発展と向上並びに国民の福祉に貢献することを目的とする。

(認定)
第2条
前条の目的を達成するために,日本包括歯科臨床学会(以下「学会」という)は日本包括歯科臨床学会認定医制度(以下「認定医制度」という)を設け,実施に必要な事業を行う.

(認定委員会)
第3条
認定医制度に必要な事項を審議するために認定委員会を置く。
第4条
認定委員会は、学会長が指名する若干名をもって構成する。
第5条
認定委員会は、認定医申請者に対して認定医試験を行い、その合否を決定する。

(認定医の申請資格)
第6条
日本包括歯科臨床学会認定医を申請する者は、申請時に下記の各号全てに該当することを要する。
(1)歯科医師の免許を有すること。 (2)3年以上継続して会員であること。 (3)本学会学術大会に3回以上、かつJACD例会および各支部咬合療法研究会例会に併せて3回以上参加していること。または認定医ポイントを100単位以上取得していること。 (4)JACD例会又は各支部咬合療法例会にて発表の経験があること。または本学会学術大会で発表(ポスター発表含む)の経験があること。 (5) 認定医審査会による認定医試験に合格していること。尚、日本包括歯科臨床学会学会誌への 投稿を経たものは認定医試験を免除する。
~~認定医、認定技工士試験を受けられる方へ~~
(1)~(4)までの各号に該当していることを確認したうえで、認定試験申し込み用紙に 必要事項を記入の上、事務局まで申請をお願い致します。

(認定医の資格更新)
第7条 
日本包括歯科臨床学会認定医の資格を更新する場合は以下の各号に該当することを要する。
(1)5年毎に認定医は100単位を取得すること。 (2)認定資格取得日から5年毎に、指定の認定更新申請用紙 (PDFword)に必要事項を記入の上、事務局に提出を行うこと。

包括歯科臨床学会認定医、及び認定技工士ポイントについて

【各種単位】
1、発表・講演
日本包括歯科臨床学会学術大会・総会発表  30単位(以下p)
日本包括歯科臨床学会学術大会・総会座長  15p
咬合療法支部例会発表  20p
JACD例会発表  20p
Dr&DT共同発表 第二演者  20×1/2p(10p)
ポスター展示  20p
ポスター展示(Dr&DT共同) 各20p
2、論文投稿
日本包括歯科臨床学会誌  60p
認定医、認定技工士共著 各60p
3、学会参加
日本包括歯科臨床学会学術大会・総会参加  15p
咬合療法支部例会参加   5p
JACD例会参加   5p
※スタディグループ筒井塾兼用のICカードを用い、学術大会や例会の参加ポイントは各会場にて手続きを行ってください。(ICレコーダーを各会場に用意)

※認定試験申し込み用紙 → PDF word
※認定更新申請用紙 → PDF word
日本包括歯科臨床学会事務局
住所:〒112-0014  東京都文京区関口1-45-15 日火江戸川橋ビル第1-104
TEL:03-6826-8099 FAX:03-3269-8372 E-mail:jimu@22i.gr.jp